おぺんの生活ブログ

妊婦の話、帝王切開の話、子育ての話、シンプルライフに向けて

おっぱい先生

母の知人の強い勧めで

巷で有名らしい「おっぱい先生」と呼ばれる

先生のもとへ行ってきました。

 

最初に、今の産婦人科は産むためだけの病院であり、

何も教えてくれないし、

いかに効率的に産ませることを考えている。

子どものための産科というよりも

お母さんが満足してもらうためのサービスが充実している。

そういう産科が多い。

だから、産科もしっかりと調べて探さないといけない。

産科の選択も親の責任

という事を言われた。

 

そして、逆子で帝王切開の日が決まっているという事を伝えたら

「そうかぁ~。帝王切開も後々いろいろと問題があるのよねー」

とぽそりとつぶやいていた。

私、必死に聞かないふり。。。

 

でも、とにかく、子どもを育てるのは誰でもなく、

「母親であるあなただから強いお母さんになりなさい!」

という事は言われました。

 

また、帝王切開後ご飯を食べられるようになって来たら

すぐに、赤ちゃんを連れてきてもらって

おっぱいを吸わせてもらいなさいと言われました。

2~3時間後と言われたのですが、出来るかちょっと不安。。。。

 

あと、スポーツブラっぽい形の授乳用ブラをして

行ったのだけど、

「そんなのつけてるからおっぱいがぺちゃんこなのよ」

って言われてしまた。

 

ブラジャーなんかつけるな!!!と言われました。

普段妊娠前もブラジャーしてなくてむしろブラトップだったから

割と開放的なほうだったと思うのですが。。。

ブラよりましじゃね?と思いながらもすべてを飲み込みました。。。。

 

そのあとも、産科のよくないことを散々聞かされ、、

 

そのあとに、おっぱいマッサージ!

全然痛くない!

 

そして、ぴゅーーー!っと母乳が!!!

びっくりびっくり!

 

今後どんなマッサージをしたらいいのか教えてもらい、

乳帯と母乳育児の本を購入し終了。

 

母乳育児の大切さは十分に分かったけども、

なんだかすごいプレッシャー。

 

そしてその日はなんとなくずっとナーバスに

私はちゃんとこの子を育てられるのだろうか。。、。。

いろいろ考えてしまいました。

 

でも

案ずるより産むがやすしといいますし。

 

今から落ち込んでてもしょうがない!

と再び復活!

 

あんまり張り切りすぎないようにするくらいが

自分にはちょうど良いのかも!とおもうので。

 

気楽に頑張ります。

 

でも術後の痛みがとっても不安!

 

相変わらずもにょもにょっと元気なベイビーに

励まされながら残り一週間ちょっと過ごしたいと思います。