おぺんの生活ブログ

妊婦の話、帝王切開の話、子育ての話、シンプルライフに向けて

35w逆子チェック

先週、お医者さんから

「一回逆子チェック院長先生に見てもらって~」

と言われましたので本日行ってまいりました。

 

やはり、逆子ちゃんのまま~。

このままだと帝王切開だねぇ~と言われました。

来週、本格的に帝王切開について説明があるみたい。

急遽、旦那さんも健診に来てもらって一緒に説明を聞いてもらいます。

 

帝王切開、ようやく自分の中で、整理がつき

覚悟ができたかなぁ~と思います!

 

先週の土曜日に些細な会話の中での、ある一言がきっかけで、

ようやく吹っ切れたというか、

「その言葉が私はほしかったんだな」という出来事がありました。

 

逆子ちゃんがわかってから、それまでは

逆子ちゃんとわかるたびにいろんな人から、

「逆子はすぐ直るよ!」

「治る確率高いし、帝王切開になる人はそんなにいないから大丈夫!」

「早く治るといいね!!」

「頭が下だよ~って言い聞かせれば治るから!」

などなど、言われることがとっても多かったのです。

そりゃ本当に、逆子で帝王切開の人なんて私の周りにはいなかったし、

調べても4%の人が逆子で帝王切開という記事をよく見たからね。

 

 でも、

やっぱり逆子は直さなきゃいけない!

自然分娩で産むべきだ!!

 

とか、みんな励ましのつもりで言ってくれているのですが、

それがどうにもプレッシャーで。。。

なんとなく帝王切開を否定されている気がして。

 

なんとも腑に落ちなかった。

 

自分も自然分娩で産むもんだと思っていたし、

旦那さんに立ち会ってもらうんだって

当然のことのように思っていたから

最初、帝王切開の事言われたときは、正直全然受け入れられなかった。

 

私だって帝王切開は立派なお産だし、

子ども優先にした素晴らしいお産だって思っていたけど、

それはやはり他人事だったみたい。

 

陣痛も自然分娩も経験したいってずっと思っていた。

当然するものって思っていた。

それが急に帝王切開。。。

 

受け入れるのにとっても時間かかった。

 

けれど、帝王切開について調べて

いろんな人の体験談を読んで、

何とか受け入れられるようになってきた。

 

けれどもどうしてもなんとなく

腑に落ちてなかった。

 

 

長くなりましたが、話を戻して、

先週の土曜日ですね、

母との何気ない会話のなかで、

「お母さんの周りの人も何人か帝王切開で産んだ人が居てね、無理に逆子直す必要ないよ~ってみんな言ってたよ。ベイビーもそのポーズが居心地いいのかね」

「帝王切開で産んだらいいんだよ~」

 

って言われた。

一気に涙があふれた。

私はずっと、母や旦那さんが

「早く治れ~」

「頭下だよ~」

ってベイビーに話しかけているのを見て

 

すっごくプレッシャーだった。

 

「陣痛の痛みをしらなきゃね~」

って何気ない一言がずっと心に残っていた。

 

それからようやく解放された気がして

涙が止まらなかった。

 

ようやく、心から帝王切開、逆子について

受け入れることができた気がした。

 

もちろんまだまだ

帝王切開は不安だけど、

今は早くベイビーに会いたい気持ちでいっぱいです。

 

お母さんの職場の人々に感謝。