おぺんの頭の中

妊婦の話、帝王切開の話、子育ての話、シンプルライフに向けて

まるごと楽しむ 暮らしの講座& バランス良く知る 家電の講座

今日は、洗剤講師、梅埜歩さんのまるごと楽しむ暮らしの講座とバランス良く知る家電の講座のオンライン講座を受けました。

 

暮らしの講座の感想

私にとって大切なものをまず考えるワークがありました。

色々書き出したのですが、第一に出てきたのはやっぱり子ども、次に、夫、そして家族、音楽、休息、食事、健康などと出てきました。

 

この中で特に大切にしたいものは、

迷いましたが、家族、食事、健康を選びました。

 

このワークの狙いは、忙しい日々の中で、

自分の選択した3つくらいは大切にできているかなと確認できるようにするため。

 

他の人は、自分とか時間とか答えてる方がいて、確かに!と思ったり。

明るい社会などと考えている方がいて「す、素敵すぎる」と感激いたしました。

 

確かに自分は大切だと思いながらも、もうそれは考えなくても

自然と出来ていることだから思い浮かばなかったのかなと。

そうそう。だから健康とかも暮らしを整えていけば勝手に健康になるわけで

大事な3つにいれなくてもいいのかなと思いました。

 

で、歩さんがおっしゃっていたのは、自分のことはとっとと満たして

周り(社会、世の中)に目を向けてみようとのこと。

そう考えると、私はなんだろうな~と

考えていきたいと思います。

 

あと、夫は何よりも大切にしたい。

その通りだよな。夫がいてこその今の生活が成り立っているわけだし。

自分の中では大事にしているつもりだけど、

客観的に大事にできているか振り返る時間あってもいいよなと思いました。

 

地球と健康があって初めて、大切なモノを大切に暮らせる

 

まさにそのとおりと思いました

自分に出来ることは何かな。

まずはゴミを減らしたい。

 

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

 

 この本をまず読みます!(ポチりました)

全部はきっとできないけど、

できることからコツコツと。

 

大切なモノは何か自分はそれを大切にできているか。

自分にあった暮らし方を見つけていきたいと思います。

 

家電の講座

オール電化の我が家は、どうしたらよいのか!!!

電磁波と微まっくってるんじゃね??

と不安になっていたのでこの講座を受けました。

歩さんの講座は、家電とどううまく付き合っていくかの提案を

たくさんあげてくださり、闇雲に怖がるのではなく、

そして、高額な商品を買わなくても

上手に家電と付き合っていくヒントをたくさんいただきました。

 

充電しながらスマホするのは、なるべく避けてましたが、

寝室にスマホを持ち込まないためにはどうしたらいいかなぁ~と今後の課題です。

バイブレーションするだけのアラームないかな。

 

家を建てるときは何も考えず、熱くならないからという理由で、IHのコンロにしましたが、ガスにすればよかったなぁ~と後悔はしますが。

IHでよかったことも多々あるし、低周波自体はそこまで出てないとのことなので、

うまく付き合っていきます。

あと、全館床暖房だけど、電磁波やばくね?の不安も解き放たれたので、

ひとまず安心です。

 

あとは、スマホ触りすぎ気を付けよう。

夜触らないようにしたいのに、ついつい触ってしまう。

どうしたらいいかなぁ~と考えております。

玄関で充電するとか、、、かな?

スマホをいじるまでにたくさんの工程を経ないと触れないような仕組みづくりが

できると、より効果的かな~なんて考えているけど、、、

作戦立ててこ。

 

なかなかまとまりのない文章ですが、

アウトプットは大事ということで。

今思っていることを書いてみました。

 

それにしても、

コスメの講座受けたかったのに、すっかり申込みし忘れてた(激涙)

ショック~

美構造開脚セッション

先日、美構造開脚セッションを体験しました。

一時間位でしたが、あれよあれよという間に終わってしまいました。

施術もあり、ストレッチみたいなこともあり、

内容は、口では説明しづらいのですが、、、

分かることはただ一つ!

体の進化がとてもありました。

まず、開脚、beforeは肘が頑張って肘が床に着くかんじ。

たまにやるけど、肘がつかない時もあるからね。

ちょっと頑張って付けた感じだったのが、

afterでは、おでこが床にくっつきました。

ストレッチをやっていく中で、じわじわと、って感じでした。

なかなかしんどいといえばしんどいのですが、 

体の内側から、体がポカポカしてきて、久々に汗がにじみ出てきました。

おでこが床にくっついただけではなく。

写真を撮ってくれたのですが、バストもトップの位置が高くなり、

ヒップも平らだったお尻が、ふわっと丸くなってきました!!!!

今まで、寝る前にやっていた、膝まわしもすっごく軽い!

そして、座った時に膝が自然にくっつく!

などなど、変化がありました。

もっと進化するために、朝に今日行ったストレッチをするといいとのこと。

先生曰く、自律神経のオンオフもスムーズに行えるようになってるから、夜

早く眠くなるからそのまま寝れば、ぐっすり、朝、すっきり起きられるとのことでしたが、

そんな時に限って、娘夜泣き、息子もいつも一回でいい授乳が3回くらい

と細切れ睡眠だったので、早起き無理ゲー。。。。と思っていたのですが、

5時半にすっと起きることができました!!!!

いつも寝起きって、体が重くて、目が開かなくって、頭もぼーっとしていて、

早起きなんてとても無理!!!っていう状態だったのですが、

今日は、いつもより睡眠のコンディションが悪かったにも関わらず

目がパッと開く、頭もなんかスッキリしてる!ということで、昨日教えてもらった

ストレッチをしました。

ひとりでやっても体がポカポカしてきました。

内股(内転筋あたりかな)肩が少し筋肉痛のため、昨日ほど開脚前屈できませんでしたが、体がスッキリ!お尻歩きもスムーズ!プランクもお腹にしっかり力が入る感じがわかりました。

あと、骨盤底筋を優しく締めるっていうのが、いままでどうしても強くなってしまうのが、すんなりと優しく締める感覚がわかりました。あと、腹直筋を上げる感覚も今までよりもはっきりとしてきました。

毎朝、習慣にしたい。

まずは、上半身ベッタリと体が床につくくらいになるのを目標に

頑張りたいと思います。

 

一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド

一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド

 

 この本をセッション後ポチりました。

セッション後にストレッチの内容忘れそう!!とおもって必死にメモしたのですが、

これがあれば心強いかな?

自分の体がどう進化していくのか楽しみです。

帝王切開レポート(2日目後半~3日目その後)

色々書きたいことはあるけど、とりあえず、帝王切開のレポートを完結させようと思います。

ってもう2年も前のことだから、記憶曖昧ですみません!!!

 

前回は、帝王切開術を終えて、

余裕じゃ~ん!

なんて余裕ぶっこいているところまでで終わったと思います。

その数時間後、、、余裕ぶっこいていた自分を呪いましたよ。

だんだん麻酔が切れてきて、お腹のあたりが痛くなってきました。

 

どんな痛みだったか、、、今ではもう思い出せないけれども、

ズキズキ?ジンジン?ガンガン?どんどん?

超絶痛かったことは確か。

あと、何がつらいって、寝返りが打てないこと。

私がお世話になった病院のベッドはなかなか固くて

ずっと仰向けでは、腰がもう辛い辛い。

足も上げているから、腰への負担マックス。

けれど、お腹も痛い。

体も思うように動かせないから、寝返りも打てない。

ウトウトするものなら体に激痛が走る。

夜中に向けて痛みがだんだん強くなり、

痛み止めをお願いしたものの、

結局入れてもらえなかったことを早朝に気づく。

たまたま担当だった看護師さんが

なかなか精神論を振りかざす人で

陣痛の痛みを経験してないんだからこれくらい我慢しなきゃ

とか、言ってて

私が痛み止めお願いしてたのに、入れてくれず。

(今思うと本当に腹立つわ!)

一晩本当に、しんどかった。

お腹の傷が痛いのか、好陣痛で痛いのか。。。

陣痛を経験した今でもわからんね。

本当に痛すぎて一睡もできませんでした。

一晩中痛いよ~と嘆いていたのだけは鮮明に覚えております。

 

3日目の話

そして、朝が来ました。

朝食が食べられる!!!

けれど、起き上がれない!

なんとか起き上がったら、クラクラする。

頭真っ白になってくる。

朝食は、母に食べさせてもらってなんとか食べられました。。。

 

朝食後歩行訓練開始!!!

まず、起き上がり方がわからない。

どこに力を入れたらお腹が痛くならないのか

必死に考えたけど、

どうやってもお腹痛い!!!

けど、なんとか立てたらどうってことはない!

けど、一歩が踏み出せない。

超絶痛い!!!

ずり足状態でなんとか歩けたかな。

 

しばらくは点滴の棒を杖がわりにすがりながら歩いてました。

でも、当時のツイッターみて思い出してますが、

3日目、一人になったら、色々とやらざるを得ない状況が

出てくるので、お腹痛くてもオムツ換えなきゃいけないし、

おっぱいあげなきゃだから、だんだん慣れてくる。

そして、トイレもなんとか出来るよになってくる。

ただ、この日はまだご飯完食はできなかったみたい。

息が苦しくなってしまうんだよね。

夜はベイビー預かってくれたので、ひっさびさに

6時間まとまって眠れたようです。

次の日もそうみたい。

で、5日目(出産して4日目)から

完全母子同室の始まりでした。

2日、夜しっかり眠れたから、だいぶ体も回復したようです。

 

そして、普通に寝返りがうてるようになってきたのは

出産して一週間後になったあたりでした。

 

1ヶ月もすれば傷口の痛みもそこまで気にならなくなってるようでした。

まだ右下腹が突っ張って痛かったみたい。

まぁ2年たってる今でも傷口はほんのり疼くことがありますが、

慣れてしまったので、うまく付き合っていますわ。

 

 

最後に、、、

帝王切開で検索して、たまたまこのブログを読んでくださった人がいらしたら、

まずは、1晩の辛抱、そして、本当に1日ずつ痛みも軽くなっていくし、

痛みを忘れる時が来るから大丈夫です!と言いたい。

でも、手術前は、不安ですよね。

私ももし失敗したら、とか、経膣で出産したかった(これは人それぞれかな)とか

色々な思いがうずめいて辛かったです。

けれど、我が子が生まれてきたら、そんないろいろな思いは

どうでも良くなって、というか、

思い悩む余裕も暇もなくなるので、

大丈夫(笑)

帝王切開だから、子どもをうまく愛せないとか、母乳が出ないとか、

そんなのは、本当にその人次第。

帝王切開は自ら一糸まとわぬ姿で

自分の足で手術台にのぼり、

腹を切られるのです。

これだって十分に体張ってるし、

立派なお産だと私は思います。

帝王切開だと生んだ感じがしないでしょ

とか

産みの痛みを経験しないなんて

とか、アホなこと言ってくる人は完全無視です。

(といっても、私もたくさん傷ついたし、凹んだけど、、、)

でも、わかってくれる人はたくさんいます。

というか、帝王切開だってよっぽど痛くて辛かったです。

(これも個人差、病院の方針によって変わってくると思いますが)

 

これから帝王切開に挑む方、応援してます!

頑張ってください!

そして、出産後はしっかり休んでください!

 

あんまり参考にならないレポートだったかもしれませんが、

読んでくださった方いましたらありがとうございました。

全然だめじゃん!

あれから全然更新できてませんでした。。。

そして、12月の目標として、毎日ブログを書くと設定してみたものの、

一日も書いておらず。

テーマを決めるとしっかり書かなきゃというプレッシャーで書けなくなってしまうので、最近考えてることを書きたいと思います。

 

今日改めて思ったのは

母が健康であることはすっごく大事!!!

ということ。

まぁ、家族全員が健康であってほしいのだけど、そうなるためにもまずは母が健康でないとと思いました。

今日は友達と夕方まで遊んだので、娘お昼寝できずでした。

帰宅して、3時半頃から4時半頃まで寝たのだけど、それかゴロゴロしたまま起きず、ご飯の時間になってしまいました。

けれど、ご飯の時間になっても起き上がらずもぞもぞしていたので無理やり布団を片付けたら、ギャン泣き開始。

そして、息子も何故かギャン泣き開始!!!!

あ、、これは詰んだ。無理!

となり、いつもだったら多分娘を怒鳴りつけるとおもいます。

けど今日の私はちがった!

まず、ひと呼吸おいて、焦りを見せないように、急かさないように

穏やかに色々と誘導したら、娘の機嫌収まってきてご飯食べ始めたー!!!

そのままスムーズに入浴へ!!!

今までは割と、時間通りに、お風呂入れなきゃ!!!

早く寝かせたい!!と結構かたくなに守ってきた感じがあったのですが、

今日は、ちょっと位お風呂遅くなってもいいじゃない。早く寝れなくたって死にゃーせん。

という心持ちで挑みました。

その結果、寝る時間はいつも通り!

 

やっぱり焦って子供を急かしたり怒ったりするのは逆効果だなとしみじみ実感したのでした。

けれど、これって、自分に余裕がないとなかなかできないこと。

で、考えてみた

自分が余裕がない時ってどんな時だろう。

思い当たるのは、

体調が悪いとき。

腰が痛かったり、肩こってたり、だるかったり、疲れてたり

こういう時って自分もいっぱいいっぱいになって

早く休みたい、横になりたいとか思って

子どもたちを急かしてしまいがち。

なので、やっぱり自分が健康であることが

子どもたちに穏やかに接することができる条件かなと思いました。

なので、自分の体のメンテナンス、体調管理、大事だな。と思います。

もちろん、体調悪くても子どもに八つ当たりはいけませんが。。。

 

今日はそんなことを思いました。

 

あと、

最近考えていることは、将来自分がどうなっていたいかということ。

今の職場のままでいるのか、もう一歩踏み出してフリーランスのようなかたちで働くのか。

私のできることってなんだろうか。

今の職場で働き続きることはできるのか、やりたいことができるのか、それで幸せなのか。フリーランスで働くとしたら何を目標として働けるのか、収入は大丈夫なのか、そもそも自分のやりたいことってなんなのか。

堂々巡りです。。。。

このへんのことを整理するためにも、ブログ書いていきたいな。

 

 

かなり放置してました

お久しぶりです。

育児、余裕がなかったわけではないのですが、

パソコンを開く機会があまりなかったといいますか

まぁ、やる気がなかっただけです。。。

 

日々のことをブログに書きたいなーと思うことが何回かあったのですが、

中々パソコン開く気合がなかったです、、、

 

このブログのありかた、

もう少し変えていこうかな。

しばらくは思いついたことを

携帯から

メモがわりに

つらつらと

更新していけたらと思います。

 

やるかな。

これもやらない可能性が。。。

 

書きたいこととして、

脂質の勉強したこと

風邪、病気のお手当のこと

予防接種のこと

ナチュラルクリーニングのこと

今後自分のやっていきたいこと

を自分の整理がてら書いていきたいと思ってはいます。

なかなか気合が、、、、

 

あと帝王切開その後のこと

帝王切開ごの経膣分娩について思うこと考えたこと

も加えて書いていきたい。

まずはメモしておくことが大事だよね。

この投稿はすべてが完了したら多分消すかも。

 

とりあえずこんな感じで。

 

まずはスマホからアクセスできるようにしなきゃだわ。

帝王切開レポート(2日目・帝王切開当日・前半)

いよいよ時が来ました。

朝から絶食。

看護師さんが、特別に午前中だけどシャワー浴びてきていいよと

言ってくれたので、ここで髪も洗い、さっぱり!!

 

点滴開始

太い針の点滴。。。。

最初、左腕でチャレンジしたのですが、血管細い系の私、、、

看護師さんも苦戦し、失敗。

つぎ、右腕でチャレンジ、何とか成功?

(若干痛かったけどやり直したくなかったので我慢)

 

いざ手術室へ

当初、1時半から準備開始の予定が、

ヘルプの先生が早く到着したとのことで、30分早まり。

「心の準備全然できてねぇ~!!!!」と思いましたが、

ずっとドキドキしているよりかましかと思い

点滴ぶら下げて自らの足で手術室へ

真っ裸になり、自らの足で手術台に上り、準備が始まりました。

緊張Max!!!

 

麻酔

まずは麻酔。主治医の先生とヘルプの先生で手術をしたのですが、

横になって背中を極限に丸めた状態で、ヘルプの先生登場

「ジャア、ハジメルヨ セナカ マルメテ~」

 

 

まさかの日本語カタコト!!!!

どこの国の方なのでしょうか!!!!

心の中で少し焦りはあったものの、思いっきり背中を丸めたのに、

 

先生「アレ???  オカシイナ~  モウイッカイ」

 

まさかの失敗

 

先生「ハイ、下半身がポカポカしてきた?」

 

私「ぽかぽかです!!!」

 

と下半身がじんわりぽかぽかしてきて

力が入らない状態になりました。

 

事前の調べでは、麻酔めっちゃ痛かった~っていう人もいたみたいですが、

そこまで痛くはなかったです。

そりゃ針を刺すので痛いのですが、それよりも

大きいお中で丸くなるのがつらかったです。

あと、背中に刺されれるので変な感じでした。

私の場合、先生の

「あれ?おかしいな?もう一回さすよ!」

ってところが一番の恐怖でした。

 

 

まもなくしたら、血圧がかなり下がってきたみたいで、

エピネフリンてきなものを筋肉注射

そして、尿管を刺され、

ビニールシートで視界を遮られ、主治医の先生登場!!!

 

手術開始

事前の調べによると、麻酔が聞いているのか、

アルコールで冷たいかどうか確認されるって書いてあったのですが、

私の場合何もなく、

「じゃあはじめるよ~」って軽いノリで

消毒を塗りだす。

 

まぁ、冷たくなかったから効いてるのかなと自己判断。

冷たかったら全力で先生にうったえようと思ったけど、大丈夫でした。

 

でおもむろに開腹開始。

5分くらいで生まれるって思っていたけど

手術室にはもちろん私が見れるような時計はなく、

とっても長く感じました。

 

なんか、ものすごい引っ張られて、揺さぶられてる感覚はありました。

 

「だすよ~」

の声で、看護師さんが

「もうすぐ出てくるからね~」

と教えてくれて、

まもなく

「ふんぎゃ~~~」

 

娘誕生の産声が聞こえてきました。

娘の声が聞こえてくるまで、

今までの妊婦生活が走馬灯のように

映し出されていて、いざ、娘の声を聴いたときは

本当に感動しました。

涙がでてきました。

 

けれど、号泣するとおなかがひくひくして血が止まらなくなったらどうしよう

っていう不安で泣けなかった 笑 

 

まずはお湯で洗うのと、体重を測定するので、なかなか娘の姿が見れず。

ようやく対面!!!

 

「元気な女の子ですよ。無事ですよ」

って言葉にとっても安心しました。

 

娘を見た瞬間は

「自分のお母さんの赤ちゃんのときに似てる」

というマザコン的思考がはたらいたのか、

でもとっても似ていました。

 

手を握らせてくれて、娘は旦那さんのもとへ。

 

そのあとから、何か、ペシペシゆらゆらされてる気が

 

先生「子宮の収縮が悪いな~。。う~ん。」

と言いながらゆらゆらされている。。。。

一気に不安になる私。

 

そして、まもなく「少し眠りましょうね~」

って笑気ガスを入れられ、眠る私。

 

手術が終わるころに徐々に夢のようなものを見ていました。

自分がこれから起こることから自分が死ぬまでの夢を見たような。

内容は覚えていないのですが、夢から覚めたらこの記憶はすべて消えてしまうのよって誰かに言われてそれから死ぬところから、暗闇に連れ去られて逆走馬灯のように超高速で今の時点に戻っていく様子を見ました。

 

言葉で表現するのは難しいけれど、絵にするのも難しい。どないやねん。

映像作る才能があったらいいのだけれど、そんな才能はないからお伝えできないのが残念。

 

とにかく、逆走馬灯で戻るときには、なぜかクラッシュバンディクーのテーマソングが流れていました。(超懐かしいけれど、それで遊んだことない。不思議)

 

そして、

ピッピッピッと自分の心拍数の音で現実に戻ってきました。

けれど、まだ意識がもうろうとしていましたが

 

ここで初めてヘルプの先生の顔を見ることに

 

見た目全然日本人!!!!!!どういう事~!!!!!

 

いまだにヘルプの先生については謎に包まれたままです。

 

娘も無事で、私もこうして生きて帰ってきた!!

という安堵があった気がします。

 

ここまででは、

帝王切開余裕だな!!!!!

という感想。

 

 

しか~し、帝王切開の真骨頂はここからだったのです。

余裕とかおまえさん、、、、あほか!!!と叫びたくなるような

つらいつらい後陣痛が待ち構えていました。

 

余計なことも書いていたら長くなってしまいましたので

地獄の後陣痛については次の記事にしたいと思います。

帝王切開レポート(入院一日目・帝王切開前日)

帝王切開レポートをのんびりゆる~く書いてみたいと思います。

私自身、とっても不安で検索しまくって

いろんな方の帝王切開レポート読ませていただき、とっても励まされました。

文章書くのがそもそもあまりうまくないですが、少しでもそういう方の参考になるような内容になればと思います。

 

入院一日目(帝王切開前日)

お昼くらいから入院

入院するなり

NST

異常なし!

 

 

除毛について

デリケートゾーン全部剃られるかと思っていたら、

何とも中途半端に剃ってくれました。

しかも、眉毛や顔毛をそる電気カミソリみたいなやつで

あの、剛毛な毛をじょりじょりと、、、

かなり雑にそられて傷だらけ、、、

見た目は非常に控えめなお毛毛な感じになりました。

ここで思ったことは、次回は自分で剃ってこよう。

願わくば、光脱毛しておきたい。

 

シャワータイム

夜も浴びれるのかなーなんて思って本当に体流しただけ。

そしたら時間制限あり、、、

髪の毛洗っておけばよかった~。。。

 

この日はこれにてやること終了

この時はまだまだ帝王切開について不安で仕方なかったので

スマホで検索しまくり。。。

夜もなかなか寝付けず。な感じで一日終了。

 

 

余談ですが、

逆子あるある?かどうかわかりませんが、

おなかの中にベイビーがいるとき、

頭、めっちゃ圧迫してきませんでしたか?

私は右側肋骨あたりに頭があったのですが、

ベイビーが動くたびに肋骨折れるんじゃないかと思ってました。

膀胱や、足の付け根もものすごい力で蹴ってくるし。

頭がはまってないせいか最後までものすごく元気いっぱいに動く娘でした。。。