読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぺんの生活ブログ

妊婦の話、帝王切開の話、子育ての話、シンプルライフに向けて

帝王切開レポート(2日目・帝王切開当日・前半)

いよいよ時が来ました。

朝から絶食。

看護師さんが、特別に午前中だけどシャワー浴びてきていいよと

言ってくれたので、ここで髪も洗い、さっぱり!!

 

点滴開始

太い針の点滴。。。。

最初、左腕でチャレンジしたのですが、血管細い系の私、、、

看護師さんも苦戦し、失敗。

つぎ、右腕でチャレンジ、何とか成功?

(若干痛かったけどやり直したくなかったので我慢)

 

いざ手術室へ

当初、1時半から準備開始の予定が、

ヘルプの先生が早く到着したとのことで、30分早まり。

「心の準備全然できてねぇ~!!!!」と思いましたが、

ずっとドキドキしているよりかましかと思い

点滴ぶら下げて自らの足で手術室へ

真っ裸になり、自らの足で手術台に上り、準備が始まりました。

緊張Max!!!

 

麻酔

まずは麻酔。主治医の先生とヘルプの先生で手術をしたのですが、

横になって背中を極限に丸めた状態で、ヘルプの先生登場

「ジャア、ハジメルヨ セナカ マルメテ~」

 

 

まさかの日本語カタコト!!!!

どこの国の方なのでしょうか!!!!

心の中で少し焦りはあったものの、思いっきり背中を丸めたのに、

 

先生「アレ???  オカシイナ~  モウイッカイ」

 

まさかの失敗

 

先生「ハイ、下半身がポカポカしてきた?」

 

私「ぽかぽかです!!!」

 

と下半身がじんわりぽかぽかしてきて

力が入らない状態になりました。

 

事前の調べでは、麻酔めっちゃ痛かった~っていう人もいたみたいですが、

そこまで痛くはなかったです。

そりゃ針を刺すので痛いのですが、それよりも

大きいお中で丸くなるのがつらかったです。

あと、背中に刺されれるので変な感じでした。

私の場合、先生の

「あれ?おかしいな?もう一回さすよ!」

ってところが一番の恐怖でした。

 

 

まもなくしたら、血圧がかなり下がってきたみたいで、

エピネフリンてきなものを筋肉注射

そして、尿管を刺され、

ビニールシートで視界を遮られ、主治医の先生登場!!!

 

手術開始

事前の調べによると、麻酔が聞いているのか、

アルコールで冷たいかどうか確認されるって書いてあったのですが、

私の場合何もなく、

「じゃあはじめるよ~」って軽いノリで

消毒を塗りだす。

 

まぁ、冷たくなかったから効いてるのかなと自己判断。

冷たかったら全力で先生にうったえようと思ったけど、大丈夫でした。

 

でおもむろに開腹開始。

5分くらいで生まれるって思っていたけど

手術室にはもちろん私が見れるような時計はなく、

とっても長く感じました。

 

なんか、ものすごい引っ張られて、揺さぶられてる感覚はありました。

 

「だすよ~」

の声で、看護師さんが

「もうすぐ出てくるからね~」

と教えてくれて、

まもなく

「ふんぎゃ~~~」

 

娘誕生の産声が聞こえてきました。

娘の声が聞こえてくるまで、

今までの妊婦生活が走馬灯のように

映し出されていて、いざ、娘の声を聴いたときは

本当に感動しました。

涙がでてきました。

 

けれど、号泣するとおなかがひくひくして血が止まらなくなったらどうしよう

っていう不安で泣けなかった 笑 

 

まずはお湯で洗うのと、体重を測定するので、なかなか娘の姿が見れず。

ようやく対面!!!

 

「元気な女の子ですよ。無事ですよ」

って言葉にとっても安心しました。

 

娘を見た瞬間は

「自分のお母さんの赤ちゃんのときに似てる」

というマザコン的思考がはたらいたのか、

でもとっても似ていました。

 

手を握らせてくれて、娘は旦那さんのもとへ。

 

そのあとから、何か、ペシペシゆらゆらされてる気が

 

先生「子宮の収縮が悪いな~。。う~ん。」

と言いながらゆらゆらされている。。。。

一気に不安になる私。

 

そして、まもなく「少し眠りましょうね~」

って笑気ガスを入れられ、眠る私。

 

手術が終わるころに徐々に夢のようなものを見ていました。

自分がこれから起こることから自分が死ぬまでの夢を見たような。

内容は覚えていないのですが、夢から覚めたらこの記憶はすべて消えてしまうのよって誰かに言われてそれから死ぬところから、暗闇に連れ去られて逆走馬灯のように超高速で今の時点に戻っていく様子を見ました。

 

言葉で表現するのは難しいけれど、絵にするのも難しい。どないやねん。

映像作る才能があったらいいのだけれど、そんな才能はないからお伝えできないのが残念。

 

とにかく、逆走馬灯で戻るときには、なぜかクラッシュバンディクーのテーマソングが流れていました。(超懐かしいけれど、それで遊んだことない。不思議)

 

そして、

ピッピッピッと自分の心拍数の音で現実に戻ってきました。

けれど、まだ意識がもうろうとしていましたが

 

ここで初めてヘルプの先生の顔を見ることに

 

見た目全然日本人!!!!!!どういう事~!!!!!

 

いまだにヘルプの先生については謎に包まれたままです。

 

娘も無事で、私もこうして生きて帰ってきた!!

という安堵があった気がします。

 

ここまででは、

帝王切開余裕だな!!!!!

という感想。

 

 

しか~し、帝王切開の真骨頂はここからだったのです。

余裕とかおまえさん、、、、あほか!!!と叫びたくなるような

つらいつらい後陣痛が待ち構えていました。

 

余計なことも書いていたら長くなってしまいましたので

地獄の後陣痛については次の記事にしたいと思います。

帝王切開レポート(入院一日目・帝王切開前日)

帝王切開レポートをのんびりゆる~く書いてみたいと思います。

私自身、とっても不安で検索しまくって

いろんな方の帝王切開レポート読ませていただき、とっても励まされました。

文章書くのがそもそもあまりうまくないですが、少しでもそういう方の参考になるような内容になればと思います。

 

入院一日目(帝王切開前日)

お昼くらいから入院

入院するなり

NST

異常なし!

 

 

除毛について

デリケートゾーン全部剃られるかと思っていたら、

何とも中途半端に剃ってくれました。

しかも、眉毛や顔毛をそる電気カミソリみたいなやつで

あの、剛毛な毛をじょりじょりと、、、

かなり雑にそられて傷だらけ、、、

見た目は非常に控えめなお毛毛な感じになりました。

ここで思ったことは、次回は自分で剃ってこよう。

願わくば、光脱毛しておきたい。

 

シャワータイム

夜も浴びれるのかなーなんて思って本当に体流しただけ。

そしたら時間制限あり、、、

髪の毛洗っておけばよかった~。。。

 

この日はこれにてやること終了

この時はまだまだ帝王切開について不安で仕方なかったので

スマホで検索しまくり。。。

夜もなかなか寝付けず。な感じで一日終了。

 

 

余談ですが、

逆子あるある?かどうかわかりませんが、

おなかの中にベイビーがいるとき、

頭、めっちゃ圧迫してきませんでしたか?

私は右側肋骨あたりに頭があったのですが、

ベイビーが動くたびに肋骨折れるんじゃないかと思ってました。

膀胱や、足の付け根もものすごい力で蹴ってくるし。

頭がはまってないせいか最後までものすごく元気いっぱいに動く娘でした。。。

 

無事出産しました!

すっかり更新を滞らせてしまいましたが、

無事"娘”を出産しました!!!

 

結局やはり、逆子ちゃんは治らずで、

38週に帝王切開にての出産!

このことについてはまた改めてレポートしたいと思います。

気力があれば。。。!

 

何やかんやでもう娘が生まれてから

3週間たとうとしています。

 

あっという間のような、もう体力の限界を迎えているような。。。

 

娘の成長も著しいように思います。

かわいくて仕方がないです!

 

今年はほとんどが妊婦生活だったし、

働きながら妊娠することの大変さなどいろいろ考えさせられた。

 

仕事面では、最初はこの世の終わりのような人事に

不安を覚えて本当に病みかけていましたが

何とか周りの人に支えられて産休までこれたかな。

 

いや、産休に入らなかったら私耐えられず病んでたかもしれないが。。。

 

妊婦生活は、最後のほうは苦しすぎて早く出てきてほしいとしか考えてなかったけれど、

それまでは、おなかの中に赤ちゃんがいる!

一緒に生活しているんだって気持ちで幸せな日々でした。

 

生まれるまでは不安で不安で仕方なかったけど

無事に生まれてホッとしたのは束の間、

今度は、息してるかな?

なんか苦しそうな気がするな。。。

母乳はいちゃった大丈夫かな

なかなか寝ない!

顔になんかできもの出来てるけどだいじょうぶかな

母乳足りてるかな???

自分のおなかの傷はもう大丈夫なのか

てか、傷いたい!!!!

 

など娘の事、自分の体の事不安だらけでした。

それも、少しずつ解決していって

不安がひとつずつなくなってきてはきたかな!

 

とにもかくにも

良い一年でした!

 

来年は、もう少し定期的にブログ更新していけるといいな!

そして、子育て頑張りたいな!

あと、家族計画も真剣に考えていきたい!!!

そういった考えていることや悩んでいることを

ブログに残していけたらと思います。

 

では、よいお年を!

37w (おそらく)最後の健診

先週は、体調がなんとなくすぐれず、

ブログを書く元気もないほどに。。。(ただのめんどくさがり)

 

先日、37wの健診に行ってきました。

やはり逆子である。

そして初めてNSTというものを行いました。

NSTと聞くと職業柄「栄養サポートチーム」と思い浮かべてしまいますが、

ノンストレステストでした。

 

ベイビーの心音とおなかのハリ具合をみるやつですね。

2~30分くらいモニターします。胎動があったらボタンを押すという簡単な作業。

 

仰向けが少しつらかったですが、ずっとベイビーの心音が聞けて

なんだか癒されてしまいました。

途中からしゃっくりが始まり、しゃっくりするたびに、心音が

「ひっくっ!」と本当のしゃっくりみたいな音がしてなんだかそれも愛おしい。

 

NSTが終わったら、エコーと内診。なんだかとっても痛かったけれど、

エコーで見た感じはベイビーまったくもって異常なし!

子宮口や産道の長さも問題なし!

 

ただ逆子が治らないだけ!

 

ベイビーが元気ならよし!!!

 

帝王切開までもう一週間きって、

楽しみと不安でいっぱいですが、

 

案ずるより産むがやすし!なはず!!!

 

と思って、日々過ごしております。

 

どうか無事にベイビーが生まれてきますように。

 

おっぱい先生

母の知人の強い勧めで

巷で有名らしい「おっぱい先生」と呼ばれる

先生のもとへ行ってきました。

 

最初に、今の産婦人科は産むためだけの病院であり、

何も教えてくれないし、

いかに効率的に産ませることを考えている。

子どものための産科というよりも

お母さんが満足してもらうためのサービスが充実している。

そういう産科が多い。

だから、産科もしっかりと調べて探さないといけない。

産科の選択も親の責任

という事を言われた。

 

そして、逆子で帝王切開の日が決まっているという事を伝えたら

「そうかぁ~。帝王切開も後々いろいろと問題があるのよねー」

とぽそりとつぶやいていた。

私、必死に聞かないふり。。。

 

でも、とにかく、子どもを育てるのは誰でもなく、

「母親であるあなただから強いお母さんになりなさい!」

という事は言われました。

 

また、帝王切開後ご飯を食べられるようになって来たら

すぐに、赤ちゃんを連れてきてもらって

おっぱいを吸わせてもらいなさいと言われました。

2~3時間後と言われたのですが、出来るかちょっと不安。。。。

 

あと、スポーツブラっぽい形の授乳用ブラをして

行ったのだけど、

「そんなのつけてるからおっぱいがぺちゃんこなのよ」

って言われてしまた。

 

ブラジャーなんかつけるな!!!と言われました。

普段妊娠前もブラジャーしてなくてむしろブラトップだったから

割と開放的なほうだったと思うのですが。。。

ブラよりましじゃね?と思いながらもすべてを飲み込みました。。。。

 

そのあとも、産科のよくないことを散々聞かされ、、

 

そのあとに、おっぱいマッサージ!

全然痛くない!

 

そして、ぴゅーーー!っと母乳が!!!

びっくりびっくり!

 

今後どんなマッサージをしたらいいのか教えてもらい、

乳帯と母乳育児の本を購入し終了。

 

母乳育児の大切さは十分に分かったけども、

なんだかすごいプレッシャー。

 

そしてその日はなんとなくずっとナーバスに

私はちゃんとこの子を育てられるのだろうか。。、。。

いろいろ考えてしまいました。

 

でも

案ずるより産むがやすしといいますし。

 

今から落ち込んでてもしょうがない!

と再び復活!

 

あんまり張り切りすぎないようにするくらいが

自分にはちょうど良いのかも!とおもうので。

 

気楽に頑張ります。

 

でも術後の痛みがとっても不安!

 

相変わらずもにょもにょっと元気なベイビーに

励まされながら残り一週間ちょっと過ごしたいと思います。

マタニティフォト

先日、念願のマタニティフォトをとってきました。

友達の家の一部屋をお借りして。

将来的にはフォトスタジオをつくるそうな!

 

超先行してやらせていただきました

f:id:penpensun:20161128154740j:plain

サッシュベルト、頑張って作りました!

大きな白い花は、友達から借りてつけました!!!

そしたら、なんてことでしょう!

とっても豪華!!!

 

f:id:penpensun:20161128154058j:plain

こうやって見ると本当におなかパンパンだなぁ~と

しみじみ思います。

 

 

余談ですが、

貧乳微乳あるあるかもしれないですが、

「妊娠したら爆乳になれて夢のようだよ!」

とかねてよりいろんな人から言われていましたが、

全然そんなことない!

生まれたら大きくなるのかな(淡い期待)

 

 

話を戻して、

これで、衣装代、花冠大、ボディーペイント代、などのお借りした料金で2000円!

や、安い!!!

これで十分よね。

 

ただ、旦那さんの写真技術が残念なので、

何十枚ととり、奇跡の数枚が仕上がりました。

後は加工でごまかせば何とか。(笑)

 

我ながら本当に不思議な姿だなぁ~と思います。

やってよかったマテにティフォト!

 

そして、改めて思うことは

ベイビーを撮るためにも旦那と私、写真技術を向上しよう。。。

 

ベイビーに会えるのが楽しみです!

35w逆子チェック

先週、お医者さんから

「一回逆子チェック院長先生に見てもらって~」

と言われましたので本日行ってまいりました。

 

やはり、逆子ちゃんのまま~。

このままだと帝王切開だねぇ~と言われました。

来週、本格的に帝王切開について説明があるみたい。

急遽、旦那さんも健診に来てもらって一緒に説明を聞いてもらいます。

 

帝王切開、ようやく自分の中で、整理がつき

覚悟ができたかなぁ~と思います!

 

先週の土曜日に些細な会話の中での、ある一言がきっかけで、

ようやく吹っ切れたというか、

「その言葉が私はほしかったんだな」という出来事がありました。

 

逆子ちゃんがわかってから、それまでは

逆子ちゃんとわかるたびにいろんな人から、

「逆子はすぐ直るよ!」

「治る確率高いし、帝王切開になる人はそんなにいないから大丈夫!」

「早く治るといいね!!」

「頭が下だよ~って言い聞かせれば治るから!」

などなど、言われることがとっても多かったのです。

そりゃ本当に、逆子で帝王切開の人なんて私の周りにはいなかったし、

調べても4%の人が逆子で帝王切開という記事をよく見たからね。

 

 でも、

やっぱり逆子は直さなきゃいけない!

自然分娩で産むべきだ!!

 

とか、みんな励ましのつもりで言ってくれているのですが、

それがどうにもプレッシャーで。。。

なんとなく帝王切開を否定されている気がして。

 

なんとも腑に落ちなかった。

 

自分も自然分娩で産むもんだと思っていたし、

旦那さんに立ち会ってもらうんだって

当然のことのように思っていたから

最初、帝王切開の事言われたときは、正直全然受け入れられなかった。

 

私だって帝王切開は立派なお産だし、

子ども優先にした素晴らしいお産だって思っていたけど、

それはやはり他人事だったみたい。

 

陣痛も自然分娩も経験したいってずっと思っていた。

当然するものって思っていた。

それが急に帝王切開。。。

 

受け入れるのにとっても時間かかった。

 

けれど、帝王切開について調べて

いろんな人の体験談を読んで、

何とか受け入れられるようになってきた。

 

けれどもどうしてもなんとなく

腑に落ちてなかった。

 

 

長くなりましたが、話を戻して、

先週の土曜日ですね、

母との何気ない会話のなかで、

「お母さんの周りの人も何人か帝王切開で産んだ人が居てね、無理に逆子直す必要ないよ~ってみんな言ってたよ。ベイビーもそのポーズが居心地いいのかね」

「帝王切開で産んだらいいんだよ~」

 

って言われた。

一気に涙があふれた。

私はずっと、母や旦那さんが

「早く治れ~」

「頭下だよ~」

ってベイビーに話しかけているのを見て

 

すっごくプレッシャーだった。

 

「陣痛の痛みをしらなきゃね~」

って何気ない一言がずっと心に残っていた。

 

それからようやく解放された気がして

涙が止まらなかった。

 

ようやく、心から帝王切開、逆子について

受け入れることができた気がした。

 

もちろんまだまだ

帝王切開は不安だけど、

今は早くベイビーに会いたい気持ちでいっぱいです。

 

お母さんの職場の人々に感謝。